五軒家スプリント

まさひろ@メディカル担当です.

さて, 突然の告知ですが, 

きたる明日(今日?)10/25(日), 五軒家スプリントというものを実施したいと思います.

我らがTeam Gokennyaの活動を, 何かしらの形で後世に残す.

でもただ残すだけじゃ面白くない.

できるなら, 本サイトにアクセスする方々に

少しでも「五軒家の面白さ」なるものが伝わるよう, 鋭意努力してまいります.

当日はtwitterなどからustreamでその模様を配信できるよう配慮いたします.

では.


JJCLIP#26 新しい糖尿病治療薬で合併症を防ぐことができるのでしょうか?

まさひろ@メディカル担当です.
薬剤師のジャーナルクラブ開催のお知らせでございます.

平成27年度第7回薬剤師のジャーナルクラブ開催のお知らせ

開催日時:平成27年10月25日(日曜日)
■午後20時45分頃 仮配信
■午後21時00分頃 本配信
なお配信時間は90分を予定しております.

※ツイキャス配信はこちらから→http://twitcasting.tv/89089314

ツイキャス司会進行は、精神科薬剤師くわばらひでのり@89089314先生です.
ご不明な点などありましたら, 薬剤師のジャーナルクラブFacebookページから、又はtwitterアカウント@pharmasahiroまでご連絡いただけると幸いです.

[症例 23:新しい糖尿病治療薬で合併症を防ぐことができるのでしょうか?」

【仮想症例シナリオ】
あなたは, とある街の中小病院勤務の薬剤師です.
薬剤部にてデスクワークをしていると,
自分の担当している内分泌・糖尿病内科病棟のDr.より突然電話がかかってきました.

「MRさんからの情報で, 一番新しいSGLT2阻害剤が結構いい薬だって言われたから今度院外処方をしたいのだけれど, 近隣の薬局さんに在庫があるかどうか聞いてほしいんだ」

電子カルテを確認すると, 次の患者に対してエンパグリフロジン(ジャディアンス®)が処方される予定であることが判明.

[患者情報]
とくに目立った既往のない 40代半ばの男性
会社の健康診断がきっかけで2型糖尿病と診断されてまだ半年ほど経過したばかり
HbA1c= 8.3%
肥満(BMI=30)
メトホルミンとインスリンを使用していたが体重も血糖もコントロール不良とみなされ次の一手を考えていた.

あなたは, MRがDr.にどんな情報を渡したのかを教えてもらい, それに基づいてPubmedを使って情報検索を行いました.

すると, 確かに該当する報告を見つけることができたので, 早速読んでみることにしました.

[文献タイトルと出典]
Zinman B, et al.
Empagliflozin, Cardiovascular Outcomes, and Mortality in Type 2 Diabetes.
N Engl J Med. 2015 Sep 17.
PubMed:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26378978
PDF → こちら
(全文フリーで入手可能)

[使用するワークシート]
ランダム化比較試験を10分で吟味するポイント:
http://j.mp.jjclipsheet1
@syuichiao先生のブログより)


さてさて, ついに出ました!
SGLT2阻害薬のエビデンス!

出版されたのが9/17にも関わらず,
すでに多くの医療従事者の注目の的となっております.

「エンパグリフロジンで心血管リスク有意減少(日経メディカル)」
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/mem/pub/special/dmns/report/201508/543512.html

「糖尿病薬で今世紀初の心血管イベント抑制効果,死亡リスク低下も(医療の明日に応えるサイト MedicalTribune)」
https://medical-tribune.co.jp/news/2015/0918037401/

「【文献】SGLT2阻害薬エンパグリフロジンは心血管ハイリスクの2型糖尿病の死亡率を改善する(EARLの医学ノート)」
http://drmagician.exblog.jp/23687444/

…などなど.

僕自身はミーハーではないと自覚はしておりますが(真偽のほどはさておき),

「常に, 最新の情報を, 自分たちで吟味する」

この姿勢だけは維持してゆこうとは思っております.

エビデンスと実臨床をつなぐ架け橋へ.

いつものように, 放送中に頂くコメントへは随時お答えさせていただきます.
皆様にとって, 貴重で愉しい抄読会となれるよう鋭意努力いたします.

それでは, ネットの世界で皆様とお会いできることを心待ちにしております.

薬剤師のジャーナルクラブ(Japanese Journal Club for Clinical Pharmacists:JJCLIP)とは、薬剤師がEBMを実践するための学びの場を提供するSNSコミュニティです.現在は@89089314先生、@syuichiao先生、そしてわたくし@pharmasahiroの3名をコアメンバーとして運営しております.


JJCLIP夏のエビデンス感想文

まさひろ@メディカル担当です.
先日のJJCLIP2周年特別企画, 「夏のエビデンス感想文祭り」
ご参加いただきました皆様, 誠にありがとうございました.

そして, 感想文を作成・送ってくださった先生方, 心より御礼申し上げます.

…ふと, 自分も感想文を作ってみたくなったので, 実行してみまして.
時期外れ, かつひどい論文ですが(汚物は焼却だぜぇ?←),
どうか何かのネタにでもしていただければ.

「水素水の飲めばメタボを予防できるんかいコラァ!」

J Lipid Res. 2013 Jul;54(7):1884-93.
Hydrogen-rich water decreases serum LDL-cholesterol levels and improves HDL function in patients with potential metabolic syndrome.
Song G1, Li M, Sang H, Zhang L, Li X, Yao S, Yu Y, Zong C, Xue Y, Qin S.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/23610159
PMID:23610159

【論文のPECO】

P 台湾におけるメタボの懸念のある43歳以上の患者20人(男性12人, 女性8人*)
E 水素水の消費(濃度0.2〜0.25mMの水素水を0.9〜1.0L/日を1日1回もしくは2回に分けて消費)
C 水素水の消費前
O 血清リポプロテインの値は改善するのか?

*25≦BMI≦34.9, 腹囲100cm以上(男性),80cm以上(女性)

追跡期間:10週間

【結果】

アウトカム 水素水消費前 水素水消費後 改善度(P値)
血清LDL-C値(mM) 3.96 ± 0.86 3.24 ± 0.68 0.72 (P < 0.05)
血清TC値(mM) 6.42 ± 1.13 5.47 ± 0.75 0.95 (P < 0.01)

平均して27.8mg/dlのLDL-C値の改善
平均して36.7mg/dlのTC値の改善

【感想】
代用のアウトカムかつ明確ではない(TC, TG, LDL, HDL, glucose…etc)
→ 偶然に左右された可能性大
ランダム化されていない・前後比較!(not 群間比較!)
ブラインドもされていない
サンプル数20で適切かどうかもわからない

水素水に関しては他にもいろいろと体にいいという報告があるが, どれも有料の雑誌なので断念.
(かつどれも代用のアウトカムではある)

健康食品の一つと位置付ければ, 医療費抑制のための手段の一つとして考慮してもよいのかもしれない. しかし, 内的妥当性が低いため即座に水素水の普及をしようという気にもなれない. もやもや


五軒家の仲間でデザインスプリント・ハッカソンをやった話

デザインスプリント&ハッカソンの開催に挑戦しました。次回以降や他のイベントの参考になればと思いまして、その内容をご紹介します。

経緯(Summary)

なにか作るよ!
何作るの?
自己紹介
全く新しいものを作ろうとすると難しいから、まずは自分たちの自己紹介を作るよ
期間は?
短期集中で
OK、スプリントやろう

参加メンバー

事前準備

資料作成をして買い出しをしました。

準備した資料

当日のプログラム考えたり、資料の作成をしておきました。

当日のおおまかな流れはGoogleのデザインスプリントを参考にして作成しています。

また、過去に参加したハッカソンの流れも参考にして作成しています。

資料1. 当日のおおまかな流れの説明

資料2. タイムスケジュール

資料3. ペルソナ作成用シート

買い出し

こんな感じの物品を買いました。後にわかったことですが、買いすぎです。

当日の様子

上記の資料を元に作成していったものを示します。

1. ペルソナ

最近乗りに乗っている厚切りな感じの方が出来上がりました。この後、詳細を詰める中で、彼は「ベーコン」と呼ばれることになります。

2. ユーザーストーリー

外国の方が利用することを想定したため、インターネット経由、特にFacebook経由での利用を想定しました。

この流れの中で何が重要か考えた結果、今回は自己紹介を行うコンテンツの作成についてアイデア出しをすることにしました。

3. アイデア出し

狙い通り沢山のアイデアを出せました。作成例を示します。

基本的に意味不明ですが、当人に分かればOKというスタンスで作っているためです。数出せることと、尖ったアイデアが出ることを重要視しました。

4. 企画書作成

5枚の企画書ができあがりました。

企画書1. ベーコンの心をつかめ!厚切り五軒家

五軒家の紹介サイトを作る案でした。

本のイメージでできているようです。

企画書2. これが五軒家だ

同様に五軒家サイトを作る案でした。

実際の五軒家をそのままWebサイトとして再現する案でした。

企画書3. 五軒家アプリ

カタログアプリを作る案です。

スマホアプリはオマケでApple Watchアプリの自爆ボタンが本体のようです。

企画書4. タンブラー作成

紹介用の配布物を作る案です。

企画書5. Fantastic Five

五軒家紹介用のサイトを作る案です。

爆発オチは偉大です。

5. 制作

色々とアイデアは出てきましたが、投票の結果、自己紹介用のWebサイトを作成することになりました。

最終的にはこのページを制作しました。

ヘッダー部分の”ABOUT”からも飛べます(僕の作業分はここだけだったりする)

6. 評価

評価を3つの視点から実施しました。

6-1. 作業の進め方について

制作中の作業について、予定していた作業が完了しているか確認しました。

膨大な「やらない」タスク群に目をつむれば、未完了なタスクがないのでここは問題なしとしました。

6-2. 企画の実現度について

完成物について、企画書のうちどこまでが実現できているかを確認しました。

今回は企画書のうち、自己紹介ページだけを作成しました。膨大な「やらない」タスク群の数をここの評価としました。

今回は、企画の実現度は高くありませんでした。

6-3. ユーザーに届けられた価値について

作成したものがどれだけの想定ユーザーに価値を届けられたか確認しました。

今回はユーザーの利用の流れのうち、Facebookから繋がる所を作成できていませんので、ユーザーはコンテンツにたどり着けません。

ユーザーに価値は届けられていないとしました。

7. 振り返り

実行してみての振り返りをKeep(継続したいこと), Problem(課題点・問題点), Try(今後挑戦したいこと)について書き出して実施しました。その後、全員で書きだしたことについて議論しました。

Keep(継続したいこと)

  • 五軒家でのスプリント実施
  • みんなで一つのものを作ることができた
  • 全員でアイデアを出し合った
  • aboutページの検証
  • Photoページの作成
  • 紹介文の完成
  • 全員を集めてモノをなにか作る
  • これを機会に五軒家のことを知る人が増えて欲しい
  • 自身も五軒家について改めて見つめなおす機会になった
  • 企画から実際に物を作るまで一連の過程を経験出来た
  • 事前の資料作成
  • みんなで何かを作る達成感を味わえた
  • メンバーでの作業
  • アイデアの蓄積
  • 離れていても作業できた

Problem(今回感じた課題)

  • 最初に企画したものが個々人の技能を考慮しないものになっていた
  • やりたいこと≠今日できること
  • ハロルドさんに届かせることができなかった
  • お金かけすぎ
  • 企画書をシンプルにできなかった
  • デザインに明るい人がいないとレイアウトが出来ない
  • 技術力の低さ
  • 技術的な課題が残った

Try

  • 五軒家フルメンバーでのスプリント
  • About, Photo, Movieのコンテンツの充実
  • 技術的な実験場の作成
  • 技術的な事項の勉強会
  • Gokennya travel movie 作成
  • 名刺のQRコードから五軒家のサイトへ誘導
  • 五軒家ページのWebのデザイン更新
  • Gokennya TwitterやFacebook
  • FacebookやTwitterといったSNSとの連携

反省会

全体を通して今回の試みについて、進め方の観点で振り返ります。

1. 時間配分について

時間配分は開始が30分遅れた他は概ね問題なしでした。午前の部で30分時間が不足したので、午後の休憩時間を削って対応しました。

企画で色々と手を動かすのは楽しいので、企画の時間をより長めにとっても良さそうです。

2. 進め方について

進行については、3点反省がありました。

反省点1. 企画をシンプルにできなかった

企画書でできあがってきたものが、複数のアイデアを組み合わせたものになって居ました。意図していたのは、アイデアを先鋭化することだったので、複数のアイデアを一枚の企画書に記すことではありませんでした。

この辺りは、企画書で更にアイデアを先鋭化させてもらうという目的を示せていなかったのかと反省しています。

反省点2. 企画書への評価の不足

企画書に対し、気にいるかどうか、想定した人に刺さるかどうかは検討しましたが、企画の実現性については評価できていませんでした。

結果、本に似た動作をするWebページをエンジニア一人がデザイナー抜きで半日で作る、という実現性に乏しい(というよりも多分かける時間の割にあわない)案になってしまいました。

反省点3. スプリントの後の作業がない

スプリントやハッカソンを実施しているオープンソースのプロジェクトでは、その日で作りきるというよりも、その場で議論して着手まで実施し、スプリント期間中に完了しなくともその後継続して開発して成功するといった経緯をたどるようです。

例1. esa – 趣味から育てたWebサービスで生きていく

例2. board(受託開発の会社が自社サービスを1年運用してきた内容・結果と今後の課題)

プロトタイプが意外と良かったこともあり、本格的に開発を進めていくことにしたものの、基本的に受託と平行して進めていたので、2013年12月に社内α版、2014年2月にクローズドβ版、5月にパブリックβ版、8月に正式リリースという形で少しずつ進めていきました。

出典は忘れてしまったのですが、何か機械学習系のプロジェクトでもそんなことをやっていた、ような。

その後の作業のスケジュール立案まで含めても良かったかもしれません。あるいは、スケジュール立案する/しないの判断をすることまでをゴールと設定したほうが良かったかも。

最後に

もともと、僕がこういったスプリントをやりたいとずっと言っていまして(3月か4月には言っていたと思います)それをようやくできました。

もちろん、僕だけでは出来なかったので、協力してくれた全員に感謝します。次はもっとうまくやる。

次回は10月開催予定なので、そこに向けてむくむくと準備します。

Reference

1. Google Design Sprint(原文)

  1. The product design sprint: setting the stage
  2. The product design sprint: understand (day 1)
  3. The product design sprint: diverge (day 2)
  4. The product design sprint: decide (day 3)
  5. The product design sprint: prototype (day 4)
  6. The product design sprint: validate (day 5)

2. Google Design Sprint(邦訳)

Google Design Sprintの記事はTHE GUILD LABSで翻訳されています

  1. デザインスプリント入門1 – Google Venturesのデザインスプリントを自分で行う方法(翻訳)
  2. デザインスプリント入門2 – スプリントに必要な6つのモノ (翻訳)
  3. デザインスプリント入門3 – 理解(1日目)(翻訳)
  4. デザインスプリント入門4 – 発散(2日目)(翻訳)

3. マーケティング

ユーザーストーリーの作成を行うために、マーケティングの理論を(図だけ)参照しました。

  1. SIPS〜来るべきソーシャルメディア時代の新しい生活者消費行動モデル概念〜
  2. AIDMA理論とは
  3. AISASにおけるコンタクトポイントについて

4. Scrum

SCRUM BOOT CAMP THE BOOKを参考にしました。

あとは過去に参加したこの辺りの勉強会とかハッカソンも参考にしました。


五軒家厚切り

五軒家とは

愛知県は名古屋にある、築30年以上の古アパートの略称。
個性的で愉快なメンバーがそこに住み着いており、その住民のことを指すことも。
「今までにない価値を作り出す」をモットーに、今日も既存の概念にとらわれず行動する。

五軒家五箇条

第壱条 全力で楽しむ (Enjoy In Full Blast)
第弐条 新しいを厭わない (Think Different)
第参条 常に変態であれ (HENTAI is Great)
第四条 ゴリアスは偉大だ (Break The Stereotype)
第五条 散財を恐れない (Invest to the Future)

五軒家メンバー

おかぴー

okapy

性別 男
生年月日 1983年3月11日
血液型 AB型
職業 薬剤師
好きなもの 冷やし中華
嫌いなもの レーズン

五軒家に10年以上住み着く古株であり総監督。五軒家のことを誰よりもよく知る。生き辞引き的存在である。彼こそ、Mr.五軒家と呼んでも良いだろう。「五軒家って何ですか?」と尋ねればおそらく一週間かかっても語り尽くせないほどのネタを披露してもらえる。趣味・特技共にゲーム。ゲームが大好き。地球防衛軍の大ファン。レンジャーの使い手で、ライサンダーを用いた攻撃を得意とする。五軒家五箇条の中の、ゴリアスは偉大だ、は地球防衛軍内で邪魔な建物をゴリアス(ロケットランチャー)で一掃できることから、既存の概念を打ち破るという意味を含んでいる。物理も数学も大好き。面倒くさがり屋。レーズンが苦手。レーズンとの最初の出会いは、給食のレーズンパンだった。食わず嫌いなどではなく、何度も食べようと試みては涙目になり撃沈された思い出を持つ。たまにクッキーにチョコチップに擬態して潜んでいるレーズンに気づくと、イラッとする。休日の日は、よく自転車(ママチャリ)でぶらぶらしている。

北野龍一郎

ryuichirou

性別 男
生年月日 1985年生まれ
血液型 O型
職業 エンジニア
好きなもの 酒
嫌いなもの ゴキブリ

五軒家初期メンバー。おかぴーと並ぶ古株。おかぴーとの最初の出会いは、五軒家の通路である。設置しようとしていた洗濯機を持ち上げてホースを排水口に入れようとしたが、手が届かずフリーズしていた所を、おかぴーに助けられた。五軒家メンバーの中では、一番の論理派。数学が好き。ゴキブリが大の苦手。ゴキブリが発生すると、雄叫びを上げながら、おかぴーの部屋に避難してくる。

山本雅洋

pharmasahiro

性別 男
生年月日 1985年4月23日 
血液型 O型
職業 薬剤師
好きなもの 本、映画、裸
嫌いなもの 言葉足らず、バラエティ

名古屋市内の薬局で働く薬剤師。薬剤師のジャーナルクラブ:JJCLIP主宰メンバーの一人。常に変態であれ、を信条として行動している。おかぴーの同級生。五軒家の愉快さに魅了され、五軒家に移り住んだ。大学在学中は、講義は全て一番前の席で受けた大真面目な人物である。それ故、同級生は彼の後ろ姿しか見たことがなかったという言い伝えが残っている。男は背中で語るもんさ。暑さ、湿度を極端に嫌う。特にじめじめした地下鉄は、彼の天敵。地下鉄に乗るくらいなら、タクシーを選ぶぜ!五軒家は散財を恐れない。
ごきげんよう世界。今日も良い1日を。

Airy

(画像編集中)

性別 男
生年月日 (未編集)
血液型 (未編集)
職業 デザイナー
好きなもの (未編集)
嫌いなもの (未編集)

五軒家のデザイン担当。ポスターなどのデザインから動画の作成まで幅広くこなす。美的センスは、五軒家メンバーの中で最も高い。もともとは五軒家に住んでいなかったが、彼もまた五軒家に魅了され、後に移り住んだ。五軒家の活動に積極的に絡むというよりは、遠くから見守って心のなかで楽しんでいる。道端でよく見知らぬ人に道を聞かれる。写真も得意。彼に写真を撮ってもらえば、何気ない風景や人物像も心に残る一枚として残ること、間違いないだろう。

Kotomoss

kotomoss

性別 男
生年月日 1986年3月22日
血液型 B型
職業 薬剤師
好きなもの エロ、ゲーム
嫌いなもの 非エロ

五軒家初期メンバーの一人。五軒家の住人ではないが、一時期おかぴーの部屋に住み着いてゲーム三昧の生活を送っていた廃人である。周囲からは「なぐら」と呼ばれている。ネプチューンの名倉に似ていることが原因である。元々は名古屋市内の大学の薬学部に入学して通学していた。しかし、進行性の廃人化と広島に置いてきた彼女のことが忘れられなかったことが原因となり、大学をやめた上、広島の大学の薬学部に入り直した。彼女とはゲーム好きが災いして別れる羽目となった(ゲームと私、どっちを取るか?という究極の質問に対して、ゲームを選択した)。根っからのゲーマーである。五軒家メンバーの中では、最もゲームが上手いと思われる。PS2のゲームを夜中までプレイし、疲れたからという理由でPSPを取り出し、ゲームを始めたというエピソードが彼の廃人的ゲーマー性を伺わせる。プレイステーションとPSPは、彼にとっては別腹のようだ。


JJCLIP#24 厳格な血糖コントロールで合併症は予防できるのでしょうか?

まさひろ@メディカル担当です.
薬剤師のジャーナルクラブ開催のお知らせでございます.

平成27年度第5回薬剤師のジャーナルクラブ開催のお知らせ

開催日時:平成27年8月23日(日曜日)
■午後20時45分頃 仮配信
■午後21時00分頃 本配信
なお配信時間は90分を予定しております.

※ツイキャス配信はこちらから→http://twitcasting.tv/89089314

ツイキャス司会進行は、精神科薬剤師くわばらひでのり@89089314先生です.
ご不明な点などありましたら, 薬剤師のジャーナルクラブFacebookページから、又はtwitterアカウント@pharmasahiroまでご連絡いただけると幸いです.

[症例 22:厳格な血糖コントロールで合併症は予防できるのでしょうか?]

【仮想症例シナリオ】
あなたは, とある街の薬局薬剤師です.
うだるような暑さがピークを迎えたある日の昼下がりに, 突然薬局の電話がけたたましく鳴り響きました.

「うちの子が糖尿病を発症しちゃったのよ?!まさかうちの子がよ!お医者さんはインスリンをしっかり使って治療しようって言っているけれど、その治療方法で本当にうちの子は大丈夫なのかしら?先生どう思います?!」

電話の主:
日用品の買い物から処方箋調剤まで、長年当薬局を利用する常連さんの一人.
この度, 15歳になる息子さんが1型糖尿病を発症.
医師はインスリンによる厳格治療を提案. しかし電話の主である母親は気が動転しており考えがまとまらない様子.
ご家族, ご親戚には糖尿病の現病歴・既往歴はなし.

あなたは、1型糖尿病の患者さんにとって, 厳格なインスリン治療がどこまで有益がどうかを調べてみたところ, 一つの古い論文を見つけたので, すぐに読んでみることにしました.

[文献タイトルと出典]
The effect of intensive treatment of diabetes on the development and progression of long-term complications in insulin-dependent diabetes mellitus. The Diabetes Control and Complications Trial Research Group.
N Engl J Med. 1993 Sep 30;329(14):977-86.
PubMed:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/8366922/
PDF → http://www.nejm.org/doi/pdf/10.1056/NEJM199309303291401(全文フリーで入手可能)

[使用するワークシート]
ランダム化比較試験を10分で吟味するポイント:
http://2.bp.blogspot.com/-clIkBOVVGfk/UjW8olB-HiI/AAAAAAAAAIg/5UQ8DGNRZl0/s1600/RCT10%E5%88%86.png
@syuichiao先生のブログより)


1型糖尿病, 知っているようで実はよくわかっていないワタクシ.
情けないものです.

「教科書上の知識としては知っているものの, 果たしてどれだけ自分はわかっているのか」
「どこまでが分かっていて, どこからが分からないのか」

その再確認を, ぜひみなさんとディスカッションしつつ進めて行きたいと愚考しております.

エビデンスと実臨床をつなぐ架け橋へ.

いつものように, 放送中に頂くコメントへは随時お答えさせていただきます.
皆様にとって, 貴重で愉しい抄読会となれるよう鋭意努力いたします.

それでは, ネットの世界で皆様とお会いできることを心待ちにしております.

薬剤師のジャーナルクラブ(Japanese Journal Club for Clinical Pharmacists:JJCLIP)とは、薬剤師がEBMを実践するための学びの場を提供するSNSコミュニティです.現在は@89089314先生、@syuichiao先生、そしてわたくし@pharmasahiroの3名をコアメンバーとして運営しております.


PubMedで気になるテーマ論文の更新を自動で取得する方法

まさひろ@メディカル担当です.

先日のJJCLIP抄読会, 皆さまご視聴ありがとうございました.

今回は抄読会の最中に挙がった,

「論文をどうやって見つけているのか」

について, 僕が現在実践している方法を紹介しようと思います.

注意:
ここで紹介する方法はあくまで一例です.
もしかしたらもっと良い方法があるのかもしれません.

1. PubMed検索

例えば,
P:ckd患者さんに
E:スタチンを投与すると
C:しない場合と比べて
O:寿命が伸びるのか?

という疑問を立てましょう.

そして, いつものようにPubMed検索を行います. 全般検索ではなく, Clinical Query(臨床疑問)をクリックしましょう.
PubMed初期画面

PubMed_CQ画面

この検索窓に, 「statin ckd mortality」と入力してsearchをクリックします.
すると, 2015年7月の時点では次のような検索結果が出てきます.
(CategoryをTherapy、Scopeをnarrowに設定しています)

CQ_statin_ckd_mortaligy

この画面左下のSee allをクリックしましょう.
すると次の画面は下のようになります.
ここではフリーで全文が入手できるよう画面左側にある「Free full text」にチェックを入れています.

PubMed_CQ_free_full_text

2. RSSの生成

ここまでは今までと同じ検索手順となります.
ここから先が本番.
検索窓のすぐ下にある, 「Create RSS」をクリックしましょう.
Create_RSS

するとこんな画面が出てきます.
Create_RSS_2

各種数値はいじらずに, ここではもう一度「Create RSS」をクリックします.
するとこんな画面が出てきます.
Create_RSS_3

次は, XMLをクリックします.
すると新しいタブの出現と共に, 何やら暗号のようなページが出てきてしまいます.
XML
で, 大事なのはそこではなくて, このページのURLなんです.
XML_URL
このURLをコピーしておきましょう.

3. RSSリーダーにURLを登録
さて, 今後は生成したRSSを受け取るサービスを作ります.
RSSリーダーにはいろいろなものがありますが,
僕は現在利用しているのが「The Old Reader」というRSSリーダーです.theoldreader
[RSSリーダー]The Old Readerの使い方。パソコン用RSSリーダーはこれに決まり!
これがThe Old Readerの画面です.
the_Old_Reader_モザイク
こちらの, ADD SUBSCRIPTIONをクリックしましょう.
the_Old_Reader_add_subscription
この検索窓に, 先ほど生成したRSSのURLをペーストして,
その右の赤色と緑色からなる十文字をクリックすれば出来上がりです.

こうすることで, 一度論文検索した結果を, 継時的に追跡して, 最新の論文が出たらその時点で容易に確認ができるようになります.

4. RSSリーダーと連動できるアプリの導入

3.までの手順を踏めば, あとはPCを開いてThe Old Readerを見ればすぐに関心のあるテーマ論文の更新を見ることができるのですが,
できればスマートフォンやタブレットでも確認したいと思うでしょう.
これも, 現在は多数のアプリが流通しています.
中にはRSSリーダーそのものがアプリ対応しているものもあるので, どれにするかは個々人の使いやすさや直感で選んでいただいてよいと思います.

僕が以前より利用しているのが「Feeddler RSS Reader Pro」というiOS対応アプリです.

Feeddler_RSS

これに先のThe Old Readerを登録しておけば, あとはこのアプリを立ち上げたらすぐに論文検索の更新結果が通知されます.
朝起きて出勤するまでや, 通勤中, もしくは忙しい業務の最中でも
すぐに興味のある論文の更新の有無をチェックできて, 非常に便利です.

別次元の使いやすさ!カスタマイズ可能なニュースリーダー「Feeddler RSS Reader Pro」


JJCLIP#23 エゼチミブで心筋梗塞の再発は予防できるのでしょうか?

まさひろ@メディカル担当です.
薬剤師のジャーナルクラブ開催のお知らせでございます.

平成27年度第4回薬剤師のジャーナルクラブ開催のお知らせ

開催日時:平成27年7月26日(日曜日)
■午後20時45分頃 仮配信
■午後21時00分頃 本配信
なお配信時間は90分を予定しております.

※ツイキャス配信はこちらから→http://twitcasting.tv/89089314

ツイキャス司会進行は、精神科薬剤師くわばらひでのり@89089314先生です.
ご不明な点などありましたら, 薬剤師のジャーナルクラブFacebookページから、又はtwitterアカウント@pharmasahiroまでご連絡いただけると幸いです.

[症例 21:エゼチミブで心筋梗塞の再発は予防できるのでしょうか?]

【仮想症例シナリオ】
あなたは, とある病院に勤める薬剤師です.
今年度から循環器内科病棟に配属が決まり, 今日は担当となった患者さん(63歳男性)のところへ挨拶に行くこととなりました.

すると, 初対面の挨拶も終わらぬうちに, 患者さんから次のようなことを矢継ぎ早に言われてしまいました.

「薬飲んでてもでかい病気したんだから薬の意味ないじゃん!だから薬やめていいかと言ったらDr.にえらい叱られちゃったよ. おまけに薬まで一つ増やすと. まいったまいったよ. で, その追加する薬を飲んでいれば心臓の病気を防げるのかな?薬を飲むのは自分なんだから, やっぱりちゃんと納得した上で飲みたいんだよね」と.

[患者情報]
50歳時より脂質異常症を指摘されてシンバスタチン10mg/日を服用
急性心筋梗塞を起こして, 当院に搬送・入院となり本日で5日経過
シンバスタチンに, エゼチミブを上乗せして治療を行うことが検討されている.

あなたは, 目の前の患者さんにとってエゼチミブの投与が有益なのかどうかを確認するために, 一次情報を検索したところ次のような論文を見つけることができたので, 早速読んでみることにしました.

[文献タイトルと出典]
Ezetimibe Added to Statin Therapy after Acute Coronary Syndromes.
Cannon CP, Blazing MA, Giugliano RP, McCagg A, White JA, Theroux P, Darius H, Lewis BS, Ophuis TO, Jukema JW, De Ferrari GM, Ruzyllo W, De Lucca P, Im K, Bohula EA, Reist C, Wiviott SD, Tershakovec AM, Musliner TA, Braunwald E, Califf RM; IMPROVE-IT Investigators.
N Engl J Med. 2015 Jun 18;372(25):2387-97. doi: 10.1056/NEJMoa1410489. Epub 2015 Jun 3.
PubMed:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26039521
PDF → http://www.nejm.org/doi/pdf/10.1056/NEJMoa1410489

[使用するワークシート]
ランダム化比較試験を10分で吟味するポイント:
http://2.bp.blogspot.com/-clIkBOVVGfk/UjW8olB-HiI/AAAAAAAAAIg/5UQ8DGNRZl0/s1600/RCT10%E5%88%86.png
@syuichiao先生のブログより)


エゼチミブについては昨年も一度同様のテーマで抄読会を開催いたしました.
「平成26年度 第1回 薬剤師のジャーナルクラブの開催のお知らせ」
http://syuichiao.blogspot.jp/2014/04/blog-post_6.html

あの時はプライマリアウトカムでは統計的有意差が示されなかったのですが, 今回はどうなっているのでしょうかね.
この論文, すでに多数の先生方のブログ等で取り上げられています.例えば,

「栃木県の総合内科医のブログ」
論文:ACS患者に対するスタチンにエゼミチブ上乗せ効果 IMPROVE IT研究
http://tyabu7973.hatenablog.com/entry/2015/06/26/000000
(尊敬するtyabu7973先生のブログより)

それくらい注目を浴びているテーマですから,
我らJJCLIPとしても取り扱わないわけにはいきません.

けれども, 単に論文をみんなで読むだけでは面白くありません.
臨床とは目の前の患者ありきです.
今回も症例シナリオの患者と, 他職種に対してどうアプローチするのが妥当なのか,
がっつりと熱いディスカッションができればと思っております.

エビデンスと実臨床をつなぐ架け橋へ.

いつものように, 放送中に頂くコメントへは随時お答えさせていただきます.
皆様にとって, 貴重で愉しい抄読会となれるよう鋭意努力いたします.

それでは, ネットの世界で皆様とお会いできることを心待ちにしております.

薬剤師のジャーナルクラブ(Japanese Journal Club for Clinical Pharmacists:JJCLIP)とは、薬剤師がEBMを実践するための学びの場を提供するSNSコミュニティです.現在は@89089314先生、@syuichiao先生、そしてわたくし@pharmasahiroの3名をコアメンバーとして運営しております.


「Bizreach✕Cookpad✕Gunosy✕UserLocal 分析プラットホームとその技術」参加レポート

CookpadとGunosyの中の人の顔を見てみたいというミーハー根性と、やっぱりWeb業界の方々のスピード感は見習わなければいけないなあいう尊敬の念から行かざるを得なかった勉強会の参加レポートです。

connpass : Bizreach✕Cookpad✕Gunosy✕UserLocal 分析プラットホームとその技術

I. とあるディレクターのデータ分析の日常

クックパッド 伊藤さん

クックパッド

  • ユーザー数5000万人突破
  • レシピ数200万品突破

データ分析✕ディレクター✕エンジニアとの関わり

  • クックパッドのミッション : ユーザーニーズを抽象化してシンプルに解決する → 料理を楽しくする

開発フレームワーク

  • LEANスタートアップが基本
  • クックパッドでは入社したらとりあえずLEANスタートアップなどのLEANの本を輪読
  • LEANフレームワークを説明した各書籍の中で、分析は LEAN ANALYTICS に記述がある

LEAN

  1. サービス開発を実験のように仮説検証を通じて行う
  2. 検証のための最小の製品(MVP)を作る
  3. 検証する

検証するときにデータの分析が発生

サービス開発とデータ活用

  • サービス開発は、新しい価値を生み出す
  • データ活用は、データを利用してビジネスを伸ばす

データ分析

  • ダッシュボード最強。
  • KPIを設定してダッシュボードを作ってそれを眺める。

ダッシュボードを観察するときの辛さ

  • 日々の変動で一喜一憂してしまって辛い
  • スムージングしたKPIのモニタリングがオススメ(30日でスムージングしている)

機械学習(バズワード)への対応

  • Deep Learning, トピックモデル, word2vec, などなど
  • まずは足元を確認してからやる

分析技術

  1. Google Analytics : 最も有名なダッシュボード、ざっくりみたいとき
  2. Mixpanel
  3. Hakari
  4. papa : クックパッド製のダッシュボード
  5. SQL
  6. TreasureData
  7. Redshift
  8. MySQL

ディレクターとエンジニアとの関わり

ディレクターの仕事 : エンジニアの仕事を減らすこと(私見として)

情報の共有

  • Groupad : ブログみたいなクックパッド内製ツール
  • エンジニアもディレクターもみんなここに投稿している
  • ツールを導入してフォローする

技術的負債への対処

  • サービス開発すると技術的負債がついて回る
  • 新規機能を開発するのか、リファクタリングするのか判断する

データ分析のポイント

  1. 分析対象への理解
  2. 分析手法についての理解
  3. 分析結果から施策へ

1. 分析対象への理解

  • どのようにしてデータが生まれてきているのか誰もしらないことがある。
  • マスターデータなのかユーザーデータなのか
  • 行動ログデータなのか
  • トランザクティブメモリー(組織内で誰が何を知っているか)を把握することが重要

2. 分析手法についての理解

  • 問題として適切に表現すること
  • 分析手法を適切に選択すること

3. 分析結果を活かすこと

  • マーケティングシナリオ
  • 広告戦略策定
  • A/Bテスト

グロースハック事例

クックパッドの過去の事例は加藤さんのSlideshare参照

Q&A

1. ダッシュボードに表示すべきKPIはどのように選定しているのか?

  • ダッシュボード自体に誰が見ているのか計測する仕組みを導入している
  • LEAN ANALYTICSに記述がある

2. ダッシュボードをチームごとに分けているか?

  • 基板は共通にしている、その中で階層を分けている
  • 一元管理するために基板は分けていない
  • KPIの数は4つか5つ、中身はチームごとに異なる

3. 固めるべき足元とは?

  • データの環境について、社内的な整理を行うこと
  • 社内のデータが一元管理されている、必要な組織が管理している、など組織面の整理
  • 権限設定を適切に実施
  • 適切なダッシュボードの作成

4. SQLをどのように習得したのか

  • 必要に迫られてやった
  • ログの分析をする必要があったが、MySQLのDBにしかない状況があったのがきっかけ

5. 事業部ごとの整合性、進むべき方向を向いているか

  • 会社としてどのような数字を見ているかはオープンにしている
  • 定例会(毎週)で確認している

Reference

  1. MLCT(Machine Learning Casual Talk)
  2. ReBuildfm
  3. クックパッド開発者ブログ
  4. 10年戦えるデータ分析入門

II. ユーザーローカルの顧客企業のデータ分析担当者はどうサイト解析しているのか

ユーザーローカルCTO 三上さん

内容

  • どう解析しているか
  • 解析のためにどのようなインフラを構築しているか

データ分析に望まれる3つの点

  1. 社内説得に役立てる
  2. ユーザー像、改善策を知る
  3. 取得したデータを売上アップに繋げたい

必要な要件

  1. 集計処理(大規模かつ素早く)
  2. 可視化(数値だけでなくビジュアル)
  3. 蓄積データをビジネスに活用

1. 集計処理

  • 大量のデータを取得しておきたい
  • 結果をできるだけ素早く、高速に見せる

難しさ

  • この両立はとても難しい。
  • サンプリングしてデータを保存するのでは、後からデータが必要になったときどうしようもなくなってしまう。

実装方法

  • 一日一回のバッチ : 日別のユニークユーザーなど
  • 数十分に一回のバッチ : サイトからの離脱など
  • リアルタイム処理

一日一回のバッチを実装する方法

  • 最も簡単
  • 大規模ならHadoop
  • 事業担当者が待ってくれなかったりする

数十分に一回のバッチを実装する方法

  • Hadoopで作ったとき、リトライ可能にするのは難しい
  • TV CMなどのときでは10分単位だと遅い

リアルタイム処理

  • KVSなどで実装
  • 単純なカウントアップに向いているが、メモリの上限値との戦いが発生

ラムダアーキテクチャーでの解決

  • バッチレイヤーとスピードレイヤーに処理を分岐させる
  • 設計が複雑化し、システムコストが多重にかかる

実装例 : リアルタイム・ダッシュボード

  • 差分を最初に持ってくる
  • 経営者・営業にウケがいいとのこと

2. ユーザー像、改善策を知る

  • どういった人に見せるのかを把握することが重要
  • 経営者 : 短時間で全体像を把握したい
  • ディレクター : デザイナーを説得したい
  • 分析担当者 : レポート作成時間を短縮したい
  • 営業担当 : コンバージョン数が知りたい

デザイナー・ディレクター向けの可視化

  • ヒートマップで可視化
  • クリック数が多い場所
  • どこまで読まれているか

  • 表示した後に分析は別途必要

3. 取得したデータを売上アップに繋げたい

レコメンドサービスに結局繋がる場面が多い

目的から考える

  • ブログ記事に関連する記事を出す
  • サイトの回遊率を上げる

協調フィルタリング

  • 新着維持には十分な情報がない
  • 興味が近いから両方見ていたのか、たまたま目に入った時間が近いのか区別が難しい

コンテンツベース

  • 新着の記事でもレコメンド可能
  • 単語の出現回数で関連度が決まるため、関連度が擬似的なものになってしまう

人気ランキング

  • 人気のものなのである程度質も良い
  • 目を引く

Q&A

1. データを取得してから分析にかかる時間はどれだけか

  • 1時間程度

2. ヒートマップはどのような動作を反映しているのか

  • 表示されている領域
  • マウスの位置

Reference

3. AmazonRedshift✕Tableauを活用したデータ分析のススメ

ビズリーチ 工藤さん

ビズリーチ データサイエンスチームの構成

  • サービス企画部
    • データサイエンス
    • ビジネス力
    • エンジニアリング

データサイエンスチームの役割

1. 間接的な効果

  • BIツールによるデータの可視化
  • アドホックな分析

2. 直接的な効果

  • メールやweb上でのユーザーへのレコメンド
    • レコメンド用アルゴリズムの開発を実施している
  • リアルタイムな事前検知

About 400

  • KPIが400あった
  • 集計はすべてExcelで行っていた
  • 集計するだけでコストが高い(人手がかかる、DBへの負荷がかかる)

データ可視化プロジェクト

  • Amazon Redshift✕Tableau
  • Amazon Redshift : 既存のMySQLがAWS上にあった
  • Tableau : 使いやすかった

事例紹介 広告媒体別の費用対効果の可視化

  • Excelで行っていた集計作業を対象
  • コストと売上を対比できるようにした
  • Tableauをダッシュボードとして利用して可視化

事例紹介 リアルタイムな事前検知

  1. 転職意欲が低く、サイトを積極的には利用していないユーザー
    • プロジェクト中で忙しく手が出せない方も含む
  2. 急に転職意欲が高くなってきたユーザー
  3. 転職意欲が高く、既にサイト上で行動しているユーザー

このうち、急に転職意欲が高くなってきたユーザーの出現を検知したい。

処理内容

  • 行動ログを取得
  • Redshiftにためる
  • Python(pandasで前処理・正規化, NetworkX)で処理

Q&A

1. Redshiftのデーブル設計

  • MySQL(Webアプリで利用しているもの)に似せている
  • ユーザに関する個人情報は省いている

2. Streaming Insertを利用した理由

  • fluentを使ってみたかった

3. 集計単位はユーザー単位での集計だと思うが、計算量的に考えた負荷は高くないのか

  • 全員を対象にすると計算の負荷が高くなる
  • 現在はアクティブなユーザーに限って実施している

4. 比較した結果、RedshiftとTableauとしたとあったが、何を比較したのか

Databaseの選定について

  • BigQuery
  • Redshift

金額的にはBigQueryが良かったが、既存の知見が使いやすいという理由でRedshiftに。

BIツールの選定について

  • RedshiftをベースにしたときにTableauが使いやすいという事例紹介があった
  • ほぼ一択で決めた

5. Tableau以外に検討したツールの名前は

  • ClickViewのツール?

6. Tableauをエンジニア以外が触ることがあるか、苦労した点は

  • Tableauは集計単位をどんどん変えることができる、社内に広めるときには苦労しなかった
  • データの整形や入力ルールについてまとめることが非常に難しかった

7. 過去データのトランザクションも全て入れているのか、集約したデータは

  • Redshiftにはすべてのデータを入力している
  • 時系列でサマリーを作ったテーブルも作成して保持している

8. Tableauで表示されるまでの時間は?

  • ベストで3sec

9. NetworkXで解析しているグラフとは何なのか

  • ページのユーザーの回遊状況(有向グラフ)

Reference

4. Gunosyでの分析と改善

Gunosy 吉田さん (Co-Foundar)

最初期

  • Webアプリだけ
  • MySQL+Rails

アプリリリース時の分析基板

  • MySQL排除
  • fluentd, MongoDB, S3導入
  • MongoDBのMapReduceで集計
  • iPython Notebookで集計

データ多すぎ対策後での分析器版

  • MongoDB遅すぎ
  • 古いデータを消していたのでWAU算出負荷
  • Redshift(+BigQuery)
  • アドホックな分析にSpark導入
  • MongoDB排除

分析改善タスクの考え方、流れ

基本方針

  • 数字は神より正しい : 上位者の意見ではなくユーザーの数字で意思決定を行う
  • 迷ったら挑戦する : 迷ったらやってみる
  • 機会が得意なところは機会に、人間が得意なところは人間に

タスクの流れ

  1. 目標設定
  2. 仮説立案
  3. 簡易実験
  4. モデル実装・自動化

1. 目標設定

  • 改善目標となる数値を決める

2. 仮説立案

  • 仮説を上げるための仮説を立てる
  • 新しい技術やモデルがあるから飛びつく、のはNG

3. 簡易な実験

  • ルールベースや手動でもいいからユーザーに試して見る
  • ルールが記述できないのであればそれは仮説が詰め切れていない、と考える

4. モデル実装・自動化

  • ここでやっと機械学習が出てくる
  • 複雑なモデルではなく、効率のいいポイントを考える
  • サービスが変化したときに、スピード感をもって変更できるモデルを構築することが必要
    • 複雑な精緻なモデルではなく、シンプルで変更できるモデルを立てる

進め方

  • やる/やらないのジャッジはしない
    • 小規模にやってみて数値を見ながら拡大していく
  • どの数値がどのくらい上がるかはわからない、どの数値を上げたいかを見積もる
  • あたる/あたらないは八卦なので、数を打つ

分析改善の例1. 新規ユーザーの獲得

課題

  • 新規のユーザーの継続率が下がっていく
    • 新規登録後7日後、どれだけ継続しているか

仮説

  • SNSから個人の興味を得ることができなくなっているのでは
  • 過去のコンテンツから得られた特徴量がマスの人々には満足しない
    • 評価指標がアーリーアダプターに偏っていた

対策

  • SNSだけでは無理
  • アンケートを導入してカテゴリーをユーザーが入力できるように改善

分析改善の例2. コンテンツの偏り

課題

  • コンテンツの収集が偏っている

仮説

  • サービス拡大に伴いユーザー層が変化しているのでは
  • ユーザーをカテゴリ別に分別すると、得意なところととくいでないところがでてきた

対策

コンテンツをふやす
手動でテレビで流れたコンテンツを導入した

本当に必要なのかの議論

  • 分析するとき、精緻で複雑なモデルを立てたくなってしまう
  • 必要なのは、素早く検証できることなので、過度に複雑なモデルは立てない

意見交換

タスクの優先順位付けはどのようにしているのか

  • プロダクトチームがえいやでやっている部分もある

機械学習のfeatureの選定はどのように行っているのか

  • 手動で頑張った

可視化はRailsで今も行っているのか?

  • メインはRailsで現在もやっている

所感

  • 「スピード感大事」というのはデータ分析も同じ。
  • データを分析する前に、データを分析できるようにすること、そのための可視化。
  • 仮説をどう立てるか考えるのは難しい、簡単に試せること、結果から学ぶ方法で対処。
  • ビール✕ピザはやっぱり正義。
  • Deep learningはH2Oで敷居がかなり下がったのでやってみたい

  • ダッシュボード類は気になる。一部使ってるけれど、他のものも使ってみたい。Tableauとか
  1. Mixpanel
  2. Tableau

BizReachさんありがとうございました!


JJCLIPシンポジウム開催のお知らせ

まさひろ@メディカル担当です.

来月6/12(金)に, 我ら薬剤師のジャーナルクラブのシンポジウムを開催いたします.

開催日時:平成27年6月12日(金)(18:15〜20:45)
薬剤師のジャーナルクラブJJCLIPシンポジウム2015
http://kokucheese.com/event/index/284793/

[開催場所]
株式会社つくば研究支援センター 1F 研修室1および2
(茨城県つくば市千現2丁目1−6)
地図はこちらです

[参加費]
シンポジウム:¥2,000(税込)
懇親会:¥4,000程度

[スケジュール]
18:15~18:25 イントロダクション

18:25~19:55 第一部:パネルディスカッション
座長:桑原秀徳
▶社会契約的医療論 ~ジャック・ルソーに学ぶ薬剤師の存在意義~ (青島周一)
▶薬剤師が変われば医療が変わる 〜”想い”と”かけ算”が生んだ薬剤師が”変わる”きっかけ〜 (山本雅洋)
▶薬物療法概念のデコンストラクション 〜仏教思想をヒントにしたEBMへのアプローチとJJCLIPの今後の展開〜 (桑原秀徳)

19:55~20:40 第二部:総合討論
座長:桑原秀徳
▶全体ディスカッション
ご希望であれば5分程度のスライド持ち込みで発表していただけます(先着3名まで)。みんなでディスカッションを盛り上げましょう!

21:30~23:30 懇親会

(懇親会の当日キャンセルは不可です)


一緒に薬剤師の, 医療のことについて, これまでとは違った視点でものを考えてはみませんか?

皆さま奮って, けれどもどうぞお気軽にご参加いただければと思います.

いつもと違って, 当日リアルワールドで参加される方々とお会いできることを心待ちにしております.

薬剤師のジャーナルクラブ(Japanese Journal Club for Clinical Pharmacists:JJCLIP)とは、薬剤師がEBMを実践するための学びの場を提供するSNSコミュニティです.現在は@89089314先生、@syuichiao先生、そしてわたくし@pharmasahiroの3名をコアメンバーとして運営しております.