セレンとコエンザイムQ10を摂取することで心血管死亡は防げるのでしょうか?

まさひろ@メディカル担当です.

今回はサプリメントに対する面白い論文を紹介いたします.

Reduced Cardiovascular Mortality 10 Years after Supplementation with Selenium and Coenzyme Q10 for Four Years: Follow-Up Results of a Prospective Randomized Double-Blind Placebo-Controlled Trial in Elderly Citizens.
Alehagen U et al., PLoS One. 2015 Dec 1;10(12):e0141641.
PMID:26624886
PubMed:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26624886
PDF → http://www.plosone.org/article/fetchObject.action?uri=info:doi/10.1371/journal.pone.0141641&representation=PDF
全文フリーで閲覧可能です.

【論文は妥当か?】

【Patient】 NYHA class I 〜III の高齢患者443人(平均年齢78歳)
【Exposure】 セレン:200μg/日及びコエンザイムQ10:200mg/日の摂取(221人)
【Comparison】 プラセボの摂取(222人)
【Outcome】 10年後における心血管死亡
研究デザイン 2重盲検ランダム化試験
1次アウトカムは明確か 明確である
アウトカムの種類 真のアウトカム
盲検化されているか されているが, 詳細は記載なし
ランダム化は最後まで保持されたのか ITT解析の記載はなく, かつ29.1%の脱落率
試験期間 48ヶ月
追跡期間 10年間

【結果はどうか?】

アウトカム 介入群 コントロール群 HR(95%CI)
心血管死亡 46人/221人 86/222人 0.51(0.36-0.74)

【結果をどう活用するか?】
スウェーデンにおける研究報告です.
それまでサプリメントに対しては「摂取してもしなくても対して健康には差はない」という報告が多かった(というか殆ど)だったのですが,
どうもそれを覆すような成果が発表されました.
ただし, ITT解析でもなく, かつ脱落も多いため結果をそもまま鵜呑みにもできないように思います.
なおかつ, サンプルサイズの計算に関する記載もなし.
有意差がつくまでフォローしていたのではとも考えられます.
とはいえ, 散々サプリメントに対して否定的な報告しかなかった中でのこの結果は注目に値するでしょう.