Monthly Archives: July 2015

PubMedで気になるテーマ論文の更新を自動で取得する方法

まさひろ@メディカル担当です.

先日のJJCLIP抄読会, 皆さまご視聴ありがとうございました.

今回は抄読会の最中に挙がった,

「論文をどうやって見つけているのか」

について, 僕が現在実践している方法を紹介しようと思います.

注意:
ここで紹介する方法はあくまで一例です.
もしかしたらもっと良い方法があるのかもしれません.

1. PubMed検索

例えば,
P:ckd患者さんに
E:スタチンを投与すると
C:しない場合と比べて
O:寿命が伸びるのか?

という疑問を立てましょう.

そして, いつものようにPubMed検索を行います. 全般検索ではなく, Clinical Query(臨床疑問)をクリックしましょう.
PubMed初期画面

PubMed_CQ画面

この検索窓に, 「statin ckd mortality」と入力してsearchをクリックします.
すると, 2015年7月の時点では次のような検索結果が出てきます.
(CategoryをTherapy、Scopeをnarrowに設定しています)

CQ_statin_ckd_mortaligy

この画面左下のSee allをクリックしましょう.
すると次の画面は下のようになります.
ここではフリーで全文が入手できるよう画面左側にある「Free full text」にチェックを入れています.

PubMed_CQ_free_full_text

2. RSSの生成

ここまでは今までと同じ検索手順となります.
ここから先が本番.
検索窓のすぐ下にある, 「Create RSS」をクリックしましょう.
Create_RSS

するとこんな画面が出てきます.
Create_RSS_2

各種数値はいじらずに, ここではもう一度「Create RSS」をクリックします.
するとこんな画面が出てきます.
Create_RSS_3

次は, XMLをクリックします.
すると新しいタブの出現と共に, 何やら暗号のようなページが出てきてしまいます.
XML
で, 大事なのはそこではなくて, このページのURLなんです.
XML_URL
このURLをコピーしておきましょう.

3. RSSリーダーにURLを登録
さて, 今後は生成したRSSを受け取るサービスを作ります.
RSSリーダーにはいろいろなものがありますが,
僕は現在利用しているのが「The Old Reader」というRSSリーダーです.theoldreader
[RSSリーダー]The Old Readerの使い方。パソコン用RSSリーダーはこれに決まり!
これがThe Old Readerの画面です.
the_Old_Reader_モザイク
こちらの, ADD SUBSCRIPTIONをクリックしましょう.
the_Old_Reader_add_subscription
この検索窓に, 先ほど生成したRSSのURLをペーストして,
その右の赤色と緑色からなる十文字をクリックすれば出来上がりです.

こうすることで, 一度論文検索した結果を, 継時的に追跡して, 最新の論文が出たらその時点で容易に確認ができるようになります.

4. RSSリーダーと連動できるアプリの導入

3.までの手順を踏めば, あとはPCを開いてThe Old Readerを見ればすぐに関心のあるテーマ論文の更新を見ることができるのですが,
できればスマートフォンやタブレットでも確認したいと思うでしょう.
これも, 現在は多数のアプリが流通しています.
中にはRSSリーダーそのものがアプリ対応しているものもあるので, どれにするかは個々人の使いやすさや直感で選んでいただいてよいと思います.

僕が以前より利用しているのが「Feeddler RSS Reader Pro」というiOS対応アプリです.

Feeddler_RSS

これに先のThe Old Readerを登録しておけば, あとはこのアプリを立ち上げたらすぐに論文検索の更新結果が通知されます.
朝起きて出勤するまでや, 通勤中, もしくは忙しい業務の最中でも
すぐに興味のある論文の更新の有無をチェックできて, 非常に便利です.

別次元の使いやすさ!カスタマイズ可能なニュースリーダー「Feeddler RSS Reader Pro」


JJCLIP#23 エゼチミブで心筋梗塞の再発は予防できるのでしょうか?

まさひろ@メディカル担当です.
薬剤師のジャーナルクラブ開催のお知らせでございます.

平成27年度第4回薬剤師のジャーナルクラブ開催のお知らせ

開催日時:平成27年7月26日(日曜日)
■午後20時45分頃 仮配信
■午後21時00分頃 本配信
なお配信時間は90分を予定しております.

※ツイキャス配信はこちらから→http://twitcasting.tv/89089314

ツイキャス司会進行は、精神科薬剤師くわばらひでのり@89089314先生です.
ご不明な点などありましたら, 薬剤師のジャーナルクラブFacebookページから、又はtwitterアカウント@pharmasahiroまでご連絡いただけると幸いです.

[症例 21:エゼチミブで心筋梗塞の再発は予防できるのでしょうか?]

【仮想症例シナリオ】
あなたは, とある病院に勤める薬剤師です.
今年度から循環器内科病棟に配属が決まり, 今日は担当となった患者さん(63歳男性)のところへ挨拶に行くこととなりました.

すると, 初対面の挨拶も終わらぬうちに, 患者さんから次のようなことを矢継ぎ早に言われてしまいました.

「薬飲んでてもでかい病気したんだから薬の意味ないじゃん!だから薬やめていいかと言ったらDr.にえらい叱られちゃったよ. おまけに薬まで一つ増やすと. まいったまいったよ. で, その追加する薬を飲んでいれば心臓の病気を防げるのかな?薬を飲むのは自分なんだから, やっぱりちゃんと納得した上で飲みたいんだよね」と.

[患者情報]
50歳時より脂質異常症を指摘されてシンバスタチン10mg/日を服用
急性心筋梗塞を起こして, 当院に搬送・入院となり本日で5日経過
シンバスタチンに, エゼチミブを上乗せして治療を行うことが検討されている.

あなたは, 目の前の患者さんにとってエゼチミブの投与が有益なのかどうかを確認するために, 一次情報を検索したところ次のような論文を見つけることができたので, 早速読んでみることにしました.

[文献タイトルと出典]
Ezetimibe Added to Statin Therapy after Acute Coronary Syndromes.
Cannon CP, Blazing MA, Giugliano RP, McCagg A, White JA, Theroux P, Darius H, Lewis BS, Ophuis TO, Jukema JW, De Ferrari GM, Ruzyllo W, De Lucca P, Im K, Bohula EA, Reist C, Wiviott SD, Tershakovec AM, Musliner TA, Braunwald E, Califf RM; IMPROVE-IT Investigators.
N Engl J Med. 2015 Jun 18;372(25):2387-97. doi: 10.1056/NEJMoa1410489. Epub 2015 Jun 3.
PubMed:http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/26039521
PDF → http://www.nejm.org/doi/pdf/10.1056/NEJMoa1410489

[使用するワークシート]
ランダム化比較試験を10分で吟味するポイント:
http://2.bp.blogspot.com/-clIkBOVVGfk/UjW8olB-HiI/AAAAAAAAAIg/5UQ8DGNRZl0/s1600/RCT10%E5%88%86.png
@syuichiao先生のブログより)


エゼチミブについては昨年も一度同様のテーマで抄読会を開催いたしました.
「平成26年度 第1回 薬剤師のジャーナルクラブの開催のお知らせ」
http://syuichiao.blogspot.jp/2014/04/blog-post_6.html

あの時はプライマリアウトカムでは統計的有意差が示されなかったのですが, 今回はどうなっているのでしょうかね.
この論文, すでに多数の先生方のブログ等で取り上げられています.例えば,

「栃木県の総合内科医のブログ」
論文:ACS患者に対するスタチンにエゼミチブ上乗せ効果 IMPROVE IT研究
http://tyabu7973.hatenablog.com/entry/2015/06/26/000000
(尊敬するtyabu7973先生のブログより)

それくらい注目を浴びているテーマですから,
我らJJCLIPとしても取り扱わないわけにはいきません.

けれども, 単に論文をみんなで読むだけでは面白くありません.
臨床とは目の前の患者ありきです.
今回も症例シナリオの患者と, 他職種に対してどうアプローチするのが妥当なのか,
がっつりと熱いディスカッションができればと思っております.

エビデンスと実臨床をつなぐ架け橋へ.

いつものように, 放送中に頂くコメントへは随時お答えさせていただきます.
皆様にとって, 貴重で愉しい抄読会となれるよう鋭意努力いたします.

それでは, ネットの世界で皆様とお会いできることを心待ちにしております.

薬剤師のジャーナルクラブ(Japanese Journal Club for Clinical Pharmacists:JJCLIP)とは、薬剤師がEBMを実践するための学びの場を提供するSNSコミュニティです.現在は@89089314先生、@syuichiao先生、そしてわたくし@pharmasahiroの3名をコアメンバーとして運営しております.