Monthly Archives: May 2014

ミラベグロンは抗コリン薬と比べて効果が高いのでしょうか?

こんなニュースを見てふと調べてみました.

アステラス、国内市場でベタニスが売上倍増-効果など市場に浸透、14年3月期決算:  アステラスが12日に発表した2014年3月期連結決算によると、主力の過活動膀胱治療剤ベタニスの売り上げが倍増となったほか、…

すると、こんなメタ分析の論文を見つけました.

Comparative efficacy and safety of medical treatments for the management of overactive bladder: a systematic literature review and mixed treatment comparison.

【論文は妥当であるか?】

[Patient] OABと診断された患者27309人. 44個のRCTを統合している
[Exposure] ミラベグロン50mgを一日一回投与
[Comparison] 他の抗コリン薬を服用
[Outcome] 排尿回数、尿失禁、切迫性尿失禁

【結果は何か?】
他の抗コリン薬と比べて、同等のOAB症状の改善を示している.
抗コリン薬と比べて、ミラベグロンの方が口渇などの副作用の頻度が低い
論文間での異質性が認められている.


フリーで手に入る論文ですが、
結果がAppendixに載っていたりしてやや読みにくい印象をうけています.
ミラベグロンは他の抗コリン薬と比べて薬価もそれほど差はなく
(一部の抗コリン薬の方が安価ですが)、
他の抗コリン薬で効果がない場合、
もしくは何らかの理由で抗コリン薬が使えない場合にも
同等の効果を期待して使ってもよいのかなという印象を覚えました.

今後は長期服用による真のアウトカムを検討した論文に当たりたいと思います.
もし誤訳・ご解釈等があればなんなりとお申し付けください.


論文抄読集作成のための準備

論文のPECO投稿テスト

P どんな患者に
E どんなことをすると
C なにと比較して
O どうなるのか

よし、これで論文の抄録を気楽にさくっと作って投稿できるぞ.


表作成テスト

test a12 a13
表のテスト をしています どうでしょ